Herrys広報

日々の戯言を中心に、興味のある話題(お金、ミニマリスト、感想、愛用品の紹介など)を記録しています。

1日1食生活を1ヶ月続けてみた結果報告

6/8に開始してから1ヶ月以上が経過しました。

最初は金欠故に給料日までと思い始めたのですが、

そんな健康法もあることを知り継続してみました。

 

■実践方法

 

①朝、昼は青汁のみ

近所のスーパーに売ってる粉末状のお徳用。

スティックタイプで50袋で800円程度のもの。

水に溶いて飲んでました。

 

②夜は好きなだけ好きなものを食べる

ただ、基本は自炊です。

肉は鶏むね肉、野菜を数種類使う料理が主。

お酒も飲みたければ3缶まで解禁。

 

③空腹時は水、お茶でごまかす。

コーヒーは朝、昼に1杯ずつはOKにしてます。

空腹で飲みすぎると胃が痛くなるので。

 

■以下の例外パターンはOK

 

①休日は食べたいときには我慢せず食べる

でも、平日で朝昼食べないのに慣れてしまったため

食べることはあまりなかった。

 

②勤務中の差し入れお菓子はOK

クッキー一つとかチョコレート一つとか

ちょっとしたものなのでOKとしました。

 

③人と会うときは全て解禁

とはいっても休日夜がほとんどなのであまり関係なかったかも。

 

■感じたメリット

 

①ストレスが少ない

朝昼は仕事に集中しているので

お腹はたまに鳴るものの頭までは食欲に支配されない。

とはいえ、15時、16時くらいからより空腹が気になってくるものの

夕食が楽しみになるため定時で帰れるよう頑張れる。

 

②昼休みはゆっくり休める

食べ物を食べてない分、消化にパワーを持っていかれず、

昼寝に徹することができスッキリできる。

また、食べ物を選ぶ時間も買い物に行く手間もないため

休憩室でガッツリ休憩できる。

その後の午後の仕事も頭が冴えている。

 

③体重の減少

3kgくらい減りました。顔周りも少しシャープになって

何人かの友人から「ちょっと痩せた?」と言われました。

※腹筋ローラーによる筋トレも関係あると思いますが。

 

④食費の減少

始める前の1ヶ月は37000円だったのに対し、

初めた後の1ヶ月は27000円でした。

たくさん食べても高くて1食1000円程度。

もっと減らせると思うので頑張りたい。

 

■感じたデメリット

 

①夜に食欲が爆発する

好きなだけ食べれると思い、食べすぎてしまう。

早食いになりがち。

それ故満腹になって横になるとうたた寝してしまうことが多い。

 

■今後の課題

 

①食べ過ぎ注意

好きなだけ食べれるとはいえ、

眠気が襲うくらい食べすぎてはいけない。

適切な量を見極める。

 

②食費の削減

減ったことは減ったが、まだまだ多い。

20000円を切れるようになりたい。

食べる量をもう少し減らせば自然と食費も落ちるはず。

 

③レパートリーを増やす

鶏むね肉ばかり食べしまいがちなので、

もっと他のものを食べるようにする。

 

 

これからも継続してするっ!